Solutions
定型業務自動化支援ソリューション(RPA)

キーワード
RPA
ベンダー

ソフトウェアロボットによる自動化支援

RPA(Robotic Process Automation)の取り組みによって、従来人間が行っていた定型業務/定型作業の記録・実行可能なソフトウェアロボット(Digital Labar)が、労働者の業務に対する不可の削減や作業品質の向上をお手伝いします。

定型業務自動化のメリット

既存の業務アプリケーションやソフトウェアのインターフェースを変更することなく、現状業務を整理・自動化できることで、これにより次のメリットが得られます。

また、内閣府が進めている働き方改革に対しても、RPAの取組みは長時間労働の削減や、生産性向上の時間作りに非常に期待が高まっています。

定型業務の自動化により、人が行っていた業務をロボットに代行させることで、長時間労働を削減し、真の働き方改革(お客様生産性向上への取り組みに向けたリソースの再配置)が期待できます。

自動化に向く業務/作業例

ソフトウェアロボットに向く業務・作業は、主に大量かつ反復性が高い作業、1日に数回定時的に行う必要のある作業、繁閑の差が大きい作業です。
以下は弊社の等ソリューションにおける取り組みや、パートナー事例を基に3種類の作業に分類したものです。

定型業務自動化の流れ

以下は定型業務を自動化してゆく際の流れです。弊社ではお客様の要望に応じ、各ステップのご支援や、ソフトウェアロボットの作成に向けたトレーニングをご提案しております。

対象業務検討対象の定型業務を洗い出し、自動化の可否を検討します
業務手順整理業務手順・フローを整理し、自動化させる範囲を決定します
シナリオ作成ツールに業務手順の操作を記録させ、自動化のシナリオを作成します。
展開・設定シナリオを実行環境に展開し、自動実行(スケジュール、他スクリプトからの起動等)の設定を行います
自動実行ロボット(実行ツール)が人手の代わりに作業代行します

KELの定型業務自動化支援

弊社では、複数のRPA支援ツールの取り扱いや、お客様のRPA取り組みに向けた検証評価、トレーニング、ロボット開発支援等、お客様のご要望に応じ柔軟にご提案を行っております。RPAに関するお問合せ・ご相談はぜひ弊社にご連絡ください。


WinActor

ロボット開発の難易度が数ある他RPA支援ツールより易しい純国産ソフト。日本語のシンプルなGUI、PCスタンドアロン実行が可能なため、小規模な試行からサーバー利用による全社利用まで幅広く取り組めます。


BizRobo! BasicRobo

ロボット開発の難易度が他の海外製RPA支援ツールより易しく、Webの構文解析・バックグラウンド実行による情報収集作業を得意とするサーバー型のソフト。大規模な取り組みに向いています。

関連ページ

株式会社あおぞら銀行 様(導入事例)

導入事例

管理業務に残っている手作業を自動化。
様々な角度から可能性を見出すRPAで時間とコストを大幅削減!

導入事例 RPA

Contact
お問い合わせ
お問い合わせ

このITソリューション・製品についてのお問い合わせは、メールまたはお電話にて承ります

兼松エレクトロニクス株式会社
システム本部第二システム部ITイノベーショングループ RPA担当

Phone: お問合せフォームよりお願いします

E-mail: rpa@ml.kel.co.jp

Search
検索

お探しのITソリューション・製品のキーワードを入力してください

ページTOPへ