Solutions
災害対策ソリューションサービス

キーワード
ネットワーク
データセンター
ベンダー

多様なサービス・企業との協業により、お客様ニーズに幅広く対応

■災害対策ソリューションサービス

KEL(札幌支店)では、日常的なバックアップから事業継続計画(BCP)の支援まで幅広く対応する災害対策ソリューションサービスを確立いたしました。
お客様のCDP/BCPのニーズに合わせて、北海道という地域と弊社のインフラ技術を包括し、最適で柔軟性の高い災害対策・事業継続ソリューションを実現いたします。

遠隔地に最適なバックアップ環境を構築して、継続的なデータ保護を実現

様々な製品の活用や、優れた技術力を有する企業との協業により、お客様の多種多様なシステム環境にあわせて最適なバックアップ環境を構築。首都圏から遠隔地に位置し、自然災害の影響の少ない北海道にバックアップの拠点を設けることで、都心での大規模な災害からデータの安全を確保いたします。

これらに加えて、KELのWAN最適化ソリューションを組み込むことにより、お客様のネットワークポリシーを継承しつつ、より効果的な遠隔バックアップ・ネットワークを構築することも可能です。

お客様ニーズに合わせた、柔軟性のある災害対策ソリューションを提供

IBM System iユーザー向け

ジャーナル・リアルタイム転送をSystem-iで受け、リアルタイムバックアップからHA(有事の際バックアップ環境でシステム起動・業務継続)まで高可用性を有した環境を提供。

Windowsユーザー向け

Windowsサーバーのディスクドライブ(OS環境可)をブロックレベル転送にて北海道・札幌に複製を取得。世代管理を含めて効率的で低価格なバックアップ~事業継続を実現。

■遠隔読影ASPサービス

KEL札幌支店では災害対策のほか、お客様の個別なニーズに対応したデータセンター環境を提供しております。医師不足を補う遠隔読影ASPサービス環境も弊社データセンターサービスの中で展開しております。

■KEL Be-Tracer(ビー・トレーサー)

畜産や農産物などの生産者情報をインターネットデータセンターに登録し、インターネットなどを利用して流通業者や消費者に対して食品生産者の情報を公開するサービスを展開しております。

堅牢で高い信頼性を誇る北海道のデータセンターをインフラの一部として活用

遠隔地バックアップの実現のため、KELは北海道電力株式会社のグループ企業である、ほくでん情報テクノロジー株式会社の運営するデータセンター「H-IX(Hokkaido Internet exchange data center)」を拠点として採用しています。

■H-IXの概要

H-IXはほくでん情報テクノロジー株式会社が運営するデータセンターです。地域性はもとより、堅牢性、安全性、セキュリティの極めて高い施設です。
空調・消火設備も万全に備えられているほか、運用監視員による24時間365日の監視体制も整い、万全なセキュリティ管理を実現しています。

H-IXデータセンター フロア図

関連ページ
Contact
お問い合わせ
お問い合わせ

このITソリューション・製品についてのお問い合わせは、メールまたはお電話にて承ります

兼松エレクトロニクス株式会社
ビジネス開発本部 ビジネス戦略室

Phone: 03-5250-6801

E-mail: product_info@kel.co.jp

Search
検索

お探しのITソリューション・製品のキーワードを入力してください

ページTOPへ