Products
KEL 仮想テープ装置 EG-5500X

キーワード
仮想テープライブラリ
仮想化・統合化
ベンダー
兼松エレクトロニクス

機器概要

メインフレーム接続仮想テープライブラリー

メインフレームに接続された1/2カートリッジテープ装置をエミュレーションし、36トラック CMTとして動作する仮想テープ装置です。

主な特徴

■各社メインフレームのテープ装置をエミュレート

富士通/IBM/日立各社のメインフレームと光チャネルで接続し、各テープエミュレーションで動作します。

■データ特性に合わせた階層管理構造

データを管理する仮想ボリュームプールは、アクティブキャッシュ(第一次データ格納ディスク)とセカンドアーカイバ(仮想倉庫ディスク)で階層管理を実行します。
アクティブキャッシュは、格納されるデータを圧縮することによりストレージ容量を節約します。 セカンドアーカイバには重複排除機能を搭載することにより、最適な容量による構成が可能です。

■メインフレームからEG-5500Xの運用管理が可能

メインフレームに接続されたTSO端末からEG-5500Xに格納されたボリュームの管理が可能です。

■ブロック化構造によるシンプルな内部設計

内部構成がブロック化されているため、必要要件にあわせた構成の拡張が可能です。
 
EG-5500Xではメインフレームに接続されるテープ装置と同様に、メインフレームからのテープの読み込み/書き込みが多数発生するバッチ処理に耐えられる仕組みを構築しております。

■災害対策

オプションにより仮想ボリュームのLTOによる外部保管やEG-5500X同士による リモートコピー機能により、災害対策を実現することができます。
遠隔地へのリモートコピーの際には、重複排除後のデータが伝送されますので、最小の回線帯域でリモートバックアップを実現します。

EG-5500Xイメージ図

仕様一覧

サポートM/F富士通IBM日立製作所
サポートOSMSP/EX、E20MVS、OS/390VOS3
XSPz/OSAS/FS/LS/US
接続I/FOCLink/FCLinkFICON/ESCONACONARC
エミュレーションデバイスF-64733490H-6488
最大接続チャネル数32パス
最大仮想ドライブ数512仮想ドライブ
(1パス×16仮想ドライブ)
アクティブキャッシュディスク容量3TB ~
セカンドアーカイバディスク容量7.5TB ~
(重複排除ディスク)
オプション
大容量テープライブラリ20~709巻
使用メディアLTO Ultrium 5 (1.5TB/巻)※圧縮時3.0TB
LTO Ultrium 6 (2.5TB/巻) ※圧縮時6.25TB
関連ページ

KEL 仮想テープ装置 EGシリーズ

製品情報

KEL仮想テープ装置EGシリーズは、メインフレームに接続された1/2カートリッジテープ装置をエミュレーションし、動作する仮想テープ装置です。

仮想テープライブラリ 仮想化・統合化

KEL 仮想テープライブラリー EG-5400N

製品情報

メインフレーム接続仮想テープライブラリー

仮想テープライブラリ 仮想化・統合化

IBM ProtecTIER

製品情報

データ重複排除機能によるバックアップ効率最適化製品

仮想テープライブラリ

Contact
お問い合わせ
お問い合わせ

このITソリューション・製品についてのお問い合わせは、メールまたはお電話にて承ります

兼松エレクトロニクス株式会社
ビジネス開発本部 ビジネス戦略室

Phone: 03-5250-6801

E-mail: product_info@kel.co.jp

Search
検索

お探しのITソリューション・製品のキーワードを入力してください

ページTOPへ