Event/SEMINOR
KEL × GSX 2021年新春セキュリティウェビナー

最終更新日:2021.01.21

KEL × GSX 2021年新春セキュリティウェビナー(2/2および2/9開催)

2020年は、COVID-19の影響による緊急事態宣言に伴い、在宅勤務が当たり前になり働き方が一変するなど、ITインフラ変革の年だっと言えます。反面、サイバー攻撃を目論む犯罪者にとってはこの変化はチャンスとなり、結果インシデントが急増しました。本ウェビナーでは、サイバーセキュリティにおける「2020年の振り返り」と「2021年の予測」を見据え、ITインフラ変革の時代に最適なセキュリティ対策をお伝えします。

Application
お申込み
お申込み
概要

日程

・2021年2月2日(火)
・2021年2月9日(火)

時間

11:00~12:00

会場

ウェビナー(Webセミナー)での実施となります。

共催

兼松エレクトロニクス株式会社
グローバルセキュリティエキスパート株式会社

参加費

無料(事前登録制)

プログラム

11:00~11:15

サイバーセキュリティ2020年振り返り ~本当に起こったインシデント事例~

グローバルセキュリティエキスパート株式会社
サイバーセキュリティ研究所
所長 鈴木 貴志

2020年にGSXが対応したサイバーインシデントから鑑みた傾向と対策を振り返ります。更に2021年に起き得るサイバー脅威をはじめ、お客様に必要な実効性のある対策についてお話します。

11:15~11:30

2020年 最も検討されたセキュリティ対策ツール SWG / SASE その実態と導入までの勘所とは

兼松エレクトロニクス株式会社
システム本部 第三システム部 ICTネットワーク&セキュリティグループ
鈴木 颯磨

2020年はCOVID-19の流行を契機としたテレワークの増加に合わせ、SWGやSASEといったクラウドセキュリティソリューションが脚光を浴びました。
それから1年が経とうとしている今、当初からこれらのジャンルに注力していた当社の視点からその実態と検討のポイントについてお話しします。

11:30~11:45

ゼロトラストの次の一手 Webアプリケーション保護の位置づけとは?

兼松エレクトロニクス株式会社
システム本部 第三システム部 ICTネットワーク&セキュリティグループ
梶原 龍太朗

2020年に流行したゼロトラストアーキテクチャの思想をおさらいしつつ、
次の一手としてWebアプリケーション保護がどのように位置づけられるかをお伝えします。

11:45~12:00

~2021年はこうなる~ 大事なのは「ヒト・プロセス・IT」によるサイバーセキュリティ対策

グローバルセキュリティエキスパート株式会社
営業本部 戦略室
CCO 武藤 耕也

実効性あるサイバーセキュリティ対策とは?「ヒト・プロセス・IT」による対策案として、脆弱性診断サービス、訓練サービス、サイバーインシデント演習などの実効性についてお話します。

※タイムスケジュール、講演内容、講演者等は、予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

Contact
お問い合わせ
兼松エレクトロニクス株式会社 セキュリティセミナー事務局

E-mail: kel-security@ml.kel.co.jp

お問い合わせ

お問い合わせは、メールにて承ります

ページTOPへ