Event/SEMINOR
<満員御礼/受付終了>
【グローバルセキュリティエキスパート株式会社共催】
~2017年を振り返る、セキュリティ・インシデントの傾向と対策~
なぜ今、多くの企業でエンドポイントセキュリティ【EDR/MDR】が必要とされているのだろうか..!?

最終更新日:2018.02.23
貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

2017年の国内インシデントを振り返り、その傾向と対策として今企業に必要な情報セキュリティ/サイバーセキュリティへの対策スタンスは何か?を探ります。昨今注目され続けているインシデント・レスポンス態勢の堅持、各種システムログの相関分析、従業員の端末防御などにフォーカスし、情報提供からソリューションのご紹介までを行います。

また、お客様の最大の関心処として、昨今主流のサイバーセキュリティ製品(EDR/NGAVやSIEM等)の最新動向からお悩み別の製品選定からSOC/MDR(Managed Detection&Response Service)運用サービスまで、お客様目線で製品/サービスをご紹介します。年度末/新年度に向けた情報収集に是非本セミナーをご活用ください。

                                      
                             
<お申し込みは満員御礼につき、受付を終了しました。> 
↓↓グローバルセキュリティエキスパート株式会社ウェブサイトへ↓↓

Application
お申込み
お申込み
概要

日程

2018年2月23日(金)

時間

14:00~17:00

受付開始時間

13:30~

会場

兼松エレクトロニクス 東京本社 セミナールーム
東京都中央区京橋2-13-10 京橋MIDビル

(会場地図)

主催

兼松エレクトロニクス株式会社
グローバルセキュリティエキスパート株式会社

参加費

無料

定員

100名【事前登録制】

プログラム

14:00-14:10

開会のご挨拶

14:10-15:10

【セッション1】
~2017年を振り返る、セキュリティ・インシデントの傾向と対策~
なぜ今、多くの企業でエンドポイントセキュリティ【EDR/MDR】が必要とされているのだろうか..!?

グローバルセキュリティエキスパート株式会社
経営企画本部 部長 武藤 耕也

2017年の国内インシデントを振り返り、ダークウェブに代表される外部脅威の傾向と対策として、今企業に必要なスタンスは何か?を探ります。中でも必須とされる「インシデント・レスポンス」の考え方について、なぜそれが必要とされるのかについて情報提供させていただきます。

15:10-15:40

【セッション2】
EDR著名4製品(CB/CR/CS/FE)のGSX検証結果のご紹介

グローバルセキュリティエキスパート株式会社 
サイバーセキュリティサービス部 
テクニカルコンサルタント 大芝 大

EDR著名4製品(CB/CR/CS/FE)のGSX検証結果をご紹介します。各製品の機能や特長、強み、MDR運用時のポイント等をご紹介します。

15:40-16:00

休憩

16:00-16:50

【セッション3】
KELの考えるインシデント・レスポンスソリューションとは

兼松エレクトロニクス株式会社 
システム本部 第一システム部
第二グループ グループ長 内田 琢也

エンドポイント製品の選定ポイントと、さまざまなお客様へのネットワーク・セキュリティ対策の支援実績の観点から見た、お客様がお困り事になりやすいセキュリティ運用(SOC)と、解決策を含めたセキュリティ対策の全体ソリューション(プロダクトやSOCサービス)をご紹介します。

16:50-17:00

Q&Aご相談

Contact
お問い合わせ
第一ソリューション営業本部

E-mail: newton@kel.co.jp

お問い合わせ

お問い合わせは、メールにて承ります

ページTOPへ